後妻業のあらすじと京都連続不審死事件の筧千佐子

後妻業あらすじ
後妻業あらすじ
意味「後妻業」

著者:黒川博行くろかわひろゆき

2014年に「破門」で直木賞を受賞した犯罪小説の第一人者・黒川博行さんの直木賞受賞後の第一作が「後妻業ごさいぎょう)」です。
関西を舞台にした数々の作品で、オリジナリティに溢れたテンポある会話と、リアリティに満ちた描写が絶妙です。
奇しくも、京都府向日市の京都連続不審死事件が話題になっています。夫の殺害容疑で逮捕された67歳の筧千佐子かけひちさこ)容疑者の周辺では、多数の不審死男性の存在がいて、ニュース報道も過熱しています。

後妻業 あらすじ
妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。
だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。
病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる。
結婚相談所の男と、結婚したパートナーと、死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。
恐るべき“後妻業(ごさいぎょう)”の手口と実態。

筧千佐子(かけひちさこ)






青酸化合物(シアン化合物)
青酸化合物(青酸カリ)

青酸化合物(シアン化合物)は、非常に強い毒物で、金属の精錬や焼き入れ、めっき製造時などに使われる。一定量を摂取すると急性中毒症状による頭痛やめまい、嘔吐(おうと)などの症状を引き起こし、高濃度であれば死に至ることもある。
猛毒であるため、自殺や他殺の目的で使用されることが多い。
青酸化合物(シアン化合物)の種類としては、青酸ナトリウム(シアン化ナトリウム NaCN )、青酸カリ(シアン化カリウム KCN )など。
青酸化合物(シアン化合物)の入手は困難で許可が必要だそうです。

京都連続不審死事件では、筧千佐子容疑者の関係先から青酸化合物が押収されたようです。






意味訳あり無料情報やお得な情報

後妻業 あらすじ






広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中