ブロックチェーン・テクノロジー

ブロックチェーン・テクノロジー

仮想通貨(暗号通貨)のビットコインを開発したといわれるサトシ・ナカモトさんが発明したのがブロックチェーン・テクノロジーblockchain technology )です。

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークです。データをつないで、みんなで共有するイメージです。
ブロックチェーン・テクノロジーを利用すると、取引履歴のデータが分散型ネットワークで共有されているためハッキングや改ざんを防止することができるそうです。

ブロックチェーン・テクノロジーの仕組み

 


ビットコインを支える、ブロックチェーン技術
経済産業省 (プレスリリース) 2016.05.19

ビットコインの技術を、他のサービス分野に応用すると、約70兆円もの市場に影響がある、との試算が出ました。
ビットコインは、誰がいくら持っているか、という情報を一元管理していません。ビットコインの取引データを、皆で共有しているのが特徴です。複数の取引データを塊り(ブロック)にして、暗号化してチェーンのように繋ぎ合わせていくので、「ブロックチェーン技術」と呼ばれています。
複数の端末で運用しているので、たとえ1つの端末が故障しても、全体のシステムには支障がありません。また、チェーンで繋がれているため、ブロックのデータを改ざんするのがほぼ不可能です。さらに、システムを、従来よりも安いコストで実現できるといわれています。
ブロックチェーン技術を応用すれば、個人の権利の証明にも使えます。例えば、土地を取引するときに、電子署名と土地の権利情報が書かれたデータをブロックチェーン上で管理すれば、役所の登記簿は不要になります。
また、住民票も、台帳自体をブロックチェーン上で管理すれば、住民本人と転居前後の自治体の電子署名により、手続き完了の証明となります。
さらに応用を広げると、食品などの生産・取引データを記録すれば、廃棄食品の横流しなども防げます。映画や音楽などの著作物も、正規版の証明ができます。
そして、今後は、IoTや人工知能によって、モノ同士の取引というのも増えていくと予想されています(洗剤を自動発注する洗濯機など)。こうした爆発的に増加する取引を適切に管理するには、情報を一元管理しないブロックチェーン技術が有望だと考えられています。


 

ブロックチェーン・テクノロジーに関する著書
ブロックチェーンの衝撃
意味「ブロックチェーンの衝撃」

<本の内容>
「ビットコイン」と「ブロックチェーン」が及ぼすビジネスへの影響、法制度、技術をビットコインやブロックチェーン技術で事業や技術開発を進める専門家がわかりやすく解説。

<目次>
1章 総論
ビットコインの技術が及ぼす様々なビジネスへの影響
ビットコインと ビジネス

2章 ビットコインの可能性と課題
ビットコインと個人・社会・国家
ビットコインと法
ビットコインの最新技術

3章 ブロックチェーンが起こす金融変革とその仕組み
ブロックチェーン概論
ブロックチェーンの経済モデル
金融サービスへの応用

4章 ブロックチェーンの産業へのインパクト
非金融分野におけるブロックチェーンの可能性と課題
ブロックチェー ンとIoT
ブロックチェーン2.0プロジェクト

5章 新たに生まれるプラットフォーム
スマートコントラクト構築プラットフォーム「Ethereum」
NEMブロックチェーン技術の新しいパラダイム

 


 

意味ビジネススキルとキャリアアップの情報掲示板

 


 

掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

ビットコインのブロックチェーン技術(ブロックチェーン・テクノロジー)を、他のサービス分野に応用すると、約70兆円の市場に影響があるとの試算

 


 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中