ハロウィンの起源と由来

ハロウィンの起源と由来

ハロウィンの起源と由来

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(Halloween)とは、キリスト教の万聖節(11月1日)の前夜(イブ)である10月31日に行われる祭りです。
万聖節(All Saints’ Day 、あるいは、All Hallow’s Day)は、全ての聖者に祈りを捧げる日(毎年11月1日)です。
ハロウィンの語源は、「All Hallow’s Eve (諸聖人の日の前夜祭)」が短縮された「Halloween」で、「Hallowe’en」とも表記されます。

ハロウィンの由来としては諸説あるようですが、以下のような説があります。
紀元前5世紀頃、アイルランドに住む先住民族であるケルト族にとって1年の終わりが「10月31日」であり、
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いたことが、ハロウィーンの起源とされキリスト教にも取り入れられたようです。

今日では、仮装をしてパーティやイベントを行う事が、ハロウィンの目的になっていますが、
これはヨーロッパの人々がアメリカ大陸に渡ってから、このような風習になり、やがて世界に広まったようです。
そして、アメリカでは、カボチャが多く収穫される時期でもあったので、
カボチャの中身をくり抜いて仮面やランタン(吊り下げ式のランプ)にしたようです。

子供たちが仮装をして家々を回ってお菓子をねだるために「Trick or Treat !  (トリック・オア・トリート)」と言い、
言われた方は「Happy Halloween!」と答えてお菓子をあげることが伝統になっています。
「Trick or Treat !」の意味は、「お菓子をくれないといたずらするぞ!」
( この英文で、 or は、「さもないと、さもなければ、」という意味ですね。)

英語の例文

The children shouted “trick or treat !”
子どもたちは、「トリック・オア・トリート!」と叫んだ。

Trick or treat is a set phrase used on Halloween.
「トリック・オア・トリート」はハロウィンで用いられる決まり文句です。

My uncle gave me candy when I said “trick or treat”.
私が「トリック・オア・トリート」と言うと、おじさんはお菓子をくれました。

ハロウィンお菓子
 


 

<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
意味中学生向けのメールマガジン
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。
なお、教養の基礎を復習したい大人の方々にとってもお役に立てる内容を目指しています。

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。将来の進路に役立つ面白い話題(画像、動画)や、おすすめの参考書も紹介します。男子中学生も女子中学生も高校受験生も保護者様もぜひご覧ください。

 


 

掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板幸せになる方法

掲示板意味

 


 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中