ウグイス

ウグイスの鳴き声
意味ウグイスの鳴き声

「ホーホケキョ」とさえずる鶯(ウグイス)の鳴き声に癒されます。春告鳥とも言うように、春を告げるウグイスですが、繁殖期は初夏で、オスは求愛と縄張り作りのために「ホーホケキョ」と1日に1000回ほど鳴くこともあるそうです。巣を作ると、メスが数個の卵を産みます。
「ケキョケキョケキョ」の鳴き声が侵入した者や外敵への威嚇であるとされており、これを合図に、メスは身をひそめるそうです。

ウグイスのさえずりの時期

ウグイスの別名は、春鳥、春告鳥、花見鳥、歌詠鳥、などたくさんあります。

ウグイスの英語名;Japanese Bush Warbler
ウグイスの体長;オス:16cm, メス:14cm
ウグイスの寿命;8年ほど。(野生の鶯は、2年から5年ほど。)

鶯の生態

ウグイスにまつわる和歌は、万葉集や古今集にも収録されます。俳句では、鶯は、春の季語であり、松尾芭蕉や与謝蕪村も詠んでいます。

鶯

ちなみに、日本に生息するさえずりが美しい鳥類「日本三鳴鳥」は、ウグイス、オオルリ、コマドリ、です。

気象庁のサイトでは、全国各地の「うぐいすの初鳴日」が記載されています。
(初鳴日とは、春にうぐいすが「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日)






<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
意味中学生向けのメールマガジン

教養の基礎を復習したい大人の方々にとってもお役に立てる内容を目指しています。






意味癒しおすすめ動画(YouTube 動画)






ウグイスの鳴き声と鶯の生態(さえずりの時期、寿命、大きさ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中