道元禅師の言葉「和泥水(和泥合水)」

和泥水(和泥合水)

臨済宗永源寺派大本山永源寺の和泥水(和泥合水)

意味「禅寺の和泥水(和泥合水)地蔵尊」 (YouTube 動画)

滋賀県東近江市にある禅寺「臨済宗永源寺派大本山永源寺」の和泥水和泥合水)地蔵尊と山水の清らかな音です。
永源寺は紅葉スポットとしても有名で、秋には多くの参拝客でにぎわいます。

和泥水(地蔵尊)について、掲示されていた文面を以下に転載いたします。

和泥水(和泥合水)と申しますは道元禅師のお言葉で「泥まみれになって尽くす」と言う意味であります。
善悪の別け隔てなく、一切衆生を漏れなく救済せんとされる、仏様の尊い慈悲の御業(みわざ)を表すお言葉で御座居ます。
此處(このところ)にお祀りいたします地蔵菩薩は、弥勒仏来迎(みろくぶつらいごう)までの長き濁世(じょくせ)を見守り、六道至るところに衆生済度に向かわれます。
擦り切れた衣を纏(まと)うて、蓮華(れんげ)の台(うてな)にも休まれず、行脚(あんぎゃ)されるお姿は、正(まさ)しく和泥合水(わでいがっすい)の菩薩行であります。

つまり、和泥合水とは、「わが身を顧みずに、全力で他人を救うこと。」ですね。
なお、流れているのは泥水ではなく、清らかな山水で、柄杓(ひしゃく)が置かれていますが、
「この水は山水ですから飲まないでください。(消毒をしていません。)」と書かれていました。
なお、永源寺の境内は、参拝志納料が必要(大人500円。中学生以下無料。)ですが、和泥水(地蔵尊)は、境内ではないので無料で見物できます。


 

道元禅師

道元禅師

道元道元禅師)は、鎌倉時代初期の禅僧で、曹洞宗(そうとうしゅう)の開祖です。禅思想の書「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」を記しました。

禅宗の特徴は、座禅をして瞑想することによって悟りを開こうとすることでした。
経典を学んで知識を得ること以上に自らの心に向き合うことが大事ということです。
そして、師から弟子に仏の教えを伝え受け継ぐことが重視されました。
ところが、言葉というより坐禅などの体験を通じて感覚的に弟子たちに受け継がれる間に、色々な宗派が生まれていきます。
臨済宗は、特に、師弟の問答を重視する宗派です。京都の建仁寺、南禅寺、大徳寺、天龍寺、妙心寺や、鎌倉の建長寺、円覚寺が有名です。
曹洞宗は、特に、座禅を重視する宗派です。永平寺(福井県)や、總持寺(神奈川県)が有名です。
臨済宗は幕府の保護を受け、主に上流武士の間で広まり、曹洞宗は権力を嫌い、地方の一般人にも広まっていきました。
なお、江戸時代中期の臨済宗の禅僧である白隠(はくいん)は、禅画(禅の教えを表した絵)をたくさん描きました。
ちなみに、現代では、アメリカで「マインドフルネス(mindfulness)」というをヒントにして瞑想によって自分自身の気持ちをコントロールする方法が流行しているようです。
アップルのスティーブ・ジョブズは禅に傾倒していましたし、グーグルなどの有名企業がマインドフルネストレーニングを導入しています。
坐禅を組んで瞑想しながら集中力を高めて勉強や仕事に生かしたり、リラックスしてストレスを減らしたり、などが期待されているようです。

意味実践!マインドフルネス: 今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン

意味禅(禅とは何か。悟りとは何か。)






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板意味






掲示板東近江市(能登川地区)故郷の町おこし






広告

心配事や悩みを抱えやすい人が読む本

心配事や悩みを抱えやすい人が読む本
心配事の9割は起こらない
意味「心配事の9割は起こらない」(単行本)

意味「心配事の9割は起こらない」(電子書籍)

枡野俊明(ますのしゅんみょう)さんは、禅僧(曹洞宗の僧侶)で、多摩美術大学環境デザイン学科教授で、庭園デザイナーとして活躍。

余計な不安や悩みを抱えないように、
他人の価値観に振り回されないように、
無駄なものをそぎ落とし、限りなくシンプルに生きる。

そんな生き方を、禅の教えやことわざなどを引用しながら、分かりやすく語りかけるように紹介してくださいます。

<目次>

第1章
さっさと減らそう、手放そう、忘れよう
禅的、不安と悩みの遠ざけ方
・“妄想”しない — 禅が教える、「比べない生き方」
・「いま」に集中する — 「自分を大切にする」とは、こういうこと
・引きずらない、抱え込まない — 「心を整える場所」を生活空間につくる
・持ち物を減らす — すると、心も身体も軽くなる
・「あるがまま」でいる — 「どうにもならないこと」に心を注がない
・「色眼鏡」を外す — 人間関係の悩みの九割は、これで消える
・「潔い人」になる — 「地位」や「立場」なんて、さっさと譲る
・「いい加減」を心得る — 人は自分の力量に見合ったことしかできない

第2章
「いま」できることだけに集中する
すると、「余計なこと」は考えなくなる
・「あたりまえ」を見直す — いま、ここにある幸せに気づく
・あせらない、あわてない — 毎日一回、必ず「立ち止まる」
・前向きに受け止める — 落ち込んでもいい、でも早く立ち直ろう
・朝を大事にする — 心に余裕をつくる一番の方法
・自分の「ものさし」で生きる — 他人の価値感に振り回されないために
・余計なことを調べない — 情報の“暴飲暴食”はやめる
・置かれた場所で輝く — 「いま」やらないで、いつやるのか?
・感情に逆らわない — それが、なにものにもとらわれない姿
・夜は静かに過ごす — 大事な判断を夜中にしてはいけない

第3章
「競争」から一歩離れると、うまくいく
人は人、私は私、という考え方
・「勝負」にこだわらない — 勝っても負けても同じ、ということ
・コツコツ続ける — 人の才能をうらやむ前にやるべきこと
・「おかげさま」を感じる — 自分一人でできることなど、たかが知れている
・「いい言葉」を使う — 言葉には、恐ろしいほどのパワーがある
・若い人に任せる — あなたの出番はいつか必ずやってくる
・どんな境遇も受け入れる — 順境もよし、逆境もまたよし
・今日やるべきことは、今日やる — 人生を窮屈にしないための極意
・簡単に逃げない — 失敗したって、命までとられるわけじゃない
・もっと「寛容」になる — 人は人、自分は自分、それでいい
・「流れ」に任せる — 「孤独」はいいけど、「孤立」はいけません
・うまく話そうとしない — 誠意のある「沈黙」をしよう
・呼吸を整える — イライラ・クヨクヨが消える「禅の呼吸法」
・家の中の“空気”を変える — まずは、朝起きたときから

第4章
人間関係が驚くほどラクになるヒント
いい縁の結び方、悪い縁の切り方
・「縁」を大切にする — その人に出会えたのは“偶然”じゃない
・「いい縁」を結ぶ — “良縁スパイラル”のつくり方
・先を譲る — 「お先にどうぞ」は、最高の人間関係のコツ
・「正論」を振りかざさない — 大事なのは、「相手の顔も立てる」こと
・毎日一〇分、自然に触れる — ふと、心が解き放たれる瞬間
・「また会いたい」と思わせる — 禅に学ぶ、人間的魅力の育て方
・過ちは「すぐ」に認める — 言葉だけではなく、心も伝える努力を
・“迷わず”助けを求める — 手を差し伸べてくれる人が必ずどこかにいる
・聞き上手になる — 人間関係は、“持ちつ持たれつ”でやっていくもの
・損得で判断しない — 打算のない人間関係こそやがて輝く

第5章
「悩み方」を変えると、人生は好転する
お金、老い、病気、死……について
・「お金」について — 「もっと欲しい」と思うから苦しくなる
・「年をとる」ことについて — 「許せること」が増えていくのは、幸せなこと
・「老い」について — 身だしなみ、姿勢、呼吸……禅の教え
・「恋愛」について — 恋愛も“腹八分目”がちょうどいい
・「夫婦」について — 「感謝」の言葉が、いい関係をつくる
・「親子」について — 「過干渉」が心配のタネとなる
・「死」について — 「死ぬ」ことは、仏様にお任せすればいい
・「最期」について — あなたは、どんな「言葉」を遺すか?






<勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
意味中学生向けのメールマガジン
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。将来の進路に役立つ面白い話題(画像、動画)や、おすすめの参考書も紹介します。男子中学生も女子中学生も高校受験生も保護者様もぜひご覧ください。






意味中学入試の受験対策掲示板

意味高校入試の受験対策掲示板

意味大学入試の受験対策掲示板






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板意味と目次

枡野俊明さんの「心配事の9割は起こらない」(心配事や悩みを抱えやすい人が読む本)