アニサキス症

アニサキス症の特徴(症状の予防と治療)

アニサキス症とは、アニサキスという線虫の幼虫(体長は約2センチ)が胃腸など体内を移動することによって引き起こされる病気です。
アニサキス症には、胃アニサキス症腸アニサキス症腸管外アニサキス症などがあります。

 

アニサキス症

 

アニサキス幼虫は、サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生し、アニサキスに感染した魚を刺し身など生で食べると感染することがあるようです。
症状としては、急性胃アニサキス症アニサキス胃腸炎)の場合は、食後数時間後から十数時間後に、アニサキス幼虫が胃壁や小腸壁の粘膜に侵入することにより、胃の激痛(みぞおち周辺)や嘔吐が伴うようです。
(細菌やウイルスの食中毒のような強い下痢症状は起こらないようです。)
アニサキス症の予防としては、60度ので1分間以上の熱処理、または長時間の冷凍によって、感染リスクを減少できます。

最近は、魚の流通経路が簡略化されることによって、新鮮な魚を食べられるようになりましたが、寿司刺身などを食べる時は、細かく砕くようによく噛むなど、注意が必要です。
なお、薬味(ショウガ、ワサビ、ニンニク)や、酢では、あまり効果がないようなので、しめさばきずし)を食べる時も注意が必要です。

食中毒の原因物質として、アニサキスは、ノロウイルスカンピロバクター菌に次いで3番目に多いそうです。

治療は、内視鏡検査が普及したので、アニサキス幼虫を見つけやすくなっています。






意味「アニサキスによる食中毒を予防しましょう」 (厚生労働省)

意味「食中毒を防ぐ家庭の調理新常識110」

意味「感染症レジデントマニュアル 第2版」






 胃腸薬
意味大正漢方胃腸薬 48包
 






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板治療と予防

掲示板意味

アニサキス症(胃アニサキス症、腸アニサキス症)